環境方針

  • TOP
  • 環境方針

3つのR 「Reduce」「Reuse」「Recycle」

3つのR 「Reduce」「Reuse」「Recycle」
※クリックすると拡大されます

クリーンエネルギー、省エネルギーとともに、「Reduce」「Reuse」「Recycle」という3つのRは、今や21世紀の企業活動に必要不可欠なキーワードです。
廃棄物の発生を抑え、それでも発生するものは再使用し、どうしても排出しなければいけないものはできるだけ再資源化することではじめて、限りある資源を有効に循環的に活用できる「資源循環型」の社会は実現されていくものです。

私たち伊藤鋼業は、大規模な中間処理設備を有する関西屈指の製鋼原料リサイクル企業として今日まで活躍してきました。私たちは、鉄鋼建設廃材をはじめ、廃自動車、廃自動販売機、廃OA機器ほか多種多様な産業廃棄物をお客様から受け入れ、一貫したシステムで、その種類・特性に応じた適正な事前選別・処理を行っています。また私たちは、搬入から最終処分にいたるまでの全プロセスの明確化を徹底することで、お客様の信頼に応える 「安全」で「確実」なリサイクルワークを実践しています。

日々進化するリサイクルの世界。私たちは、常に国際的視野でリサイクルの動向に目を光らせ、時代の要請に的確に応える最新の技術導入を行うとともに、蓄積されたノウハウと実績を通じてお客様の環境保全活動に確実に寄与するなか、「資源循環型社会」を積極的に推進し、次世代の人々に恵み豊かな環境を継承していきたいと考えています。

環境理念

環境理念
※クリックすると拡大されます

伊藤鋼業株式会社は、鉄スクラップ処理・産業廃棄物収集運搬・中間処理の草分け的存在として、常に業界をリードするビジネスを展開してきました。最新鋭の環境対応施設による先進のリサイクルワークをお客様に提供しています。

「廃棄物を適正に処理すること。その手段の中にリサイクルがある。」
という理念のもと、エコロジーとエコノミーのベストバランスに立脚した、最も効率的なリサイクルを実現し、お客様とともに真に社会的価値のある環境保全活動を実践していきたいと考えています。

環境方針

私たち伊藤鋼業株式会社は、産業廃棄物処理事業・製鋼原料リサイクルを基幹業務とし、地球環境保全を経営における最重要課題と認識し、継続的改善と汚染の予防に努め、持続可能な資源の利用を考慮し、循環型社会の実現に向けた活動を展開します。

1.『環境目的及び目標の設定及びレビューの充実』
環境マネジメント・システムを継続的に改善し、PDCAの充実から、お客様のお役に立つ環境配慮型企業活動の展開に努めます。

・エネルギー使用効率の向上
・工場の稼働効率の向上を図り、省エネ操業でより多くの廃棄物を再資源化する
・生産性の向上

2.『環境関連法規の順守』
環境に関する法令及び当社が受け入れを決めたその他の要求事項を順守するとともに、自主管理基準を定め維持する事に努めます。

3.『環境啓発活動と社会貢献活動の推進』
環境教育等により、環境意識の高揚を図ると共に、省エネ・省資源・地域の環境保全/保護活動に積極的に参画し、コミュニケーションの向上に努めます。

4.『環境情報の公開』
私たちの企業活動の環境情報を広報活動等により公開し、社会に対し透明性を図る事に努めます。

本方針は、文書化し、実行し、維持し、かつ当社の従業員および当社に関わる全ての人に周知し、社外に公開します。